抗真菌薬と抗生物質の違いについて

抗菌真菌薬は抗生物質とは異なる薬剤です。抗生物質は微生物から出来た化学物質ですが、抗真菌薬は抗生物質と人工的に合成させた化学物質を抗真菌薬と呼んでいます。では、抗真菌薬はどのような病に効果があるのかをご紹介します。

抗真菌薬は主に真菌に対して効果あり

エンペシドやニゾラールは抗真菌薬として有名ですが、一体どのようにして真菌に作用するのでしょうか。

抗真菌薬の種類によって別の有効菌種が確認されており、多く雄の場合には皮膚糸状菌のトリコフィトン族やミクロスポルム属、エビデルもフィトン属などに加え、カンジダ属やスポロトリックス属などに対して有効性を示すことが確認され、適応が確立されています。
近年開発された抗真菌薬が真菌に対して有効であるのは、真菌の細胞膜の特性に着目した開発を行ってきたということがその理由となっています。
真菌が細胞膜を構築するためにはエルゴステロールを生合成することが必要であり、この特性は他の細胞にはあまり見られないことです。
人の細胞においてもその必要性は必ずしもないことから、エルゴステロールの生合成過程やエルゴステロールを用いる細胞膜構築の過程を阻害することによって、副作用が少なく、真菌に対してのみ効果が高い医薬品の開発に成功してきているのが現状です。
その主なメカニズムとなるのがエルゴステロールの生合成過程に必要な酵素の一つを阻害するというものであり、その作用点と抗真菌薬の構造に応じた分類がなされています。
比較的広く用いられているのがトリアゾール系の抗真菌薬やアリルアミン系の抗真菌薬であり、外用薬や内服薬として水虫やカンジダ症などの治療に頻用されています。
その真菌に対する特異的な殺菌作用が注目されており、副作用が少ないというメリットにも着目されてOTC薬として販売されるようになっているものもあります。
そのため、真菌感染症にかかってしまった場合には気軽に薬を手配して自己治療を行うこともできるようになっているのが現状であり、真菌感染症の恐ろしさは薄らいできています。